文字サイズ設定:
小 中 大

国立故宮博物院は善本古書約二十万冊、清代の档案文献約四十万点を収蔵しており、その所蔵量は極めて豊富です。

当博物院所蔵の善本古書は主に清代の宮中に収蔵されていたものであり、宋、元、明代から受け継がれた善本古書と清朝が刊行した出版物などが含まれます。このうち、昭仁殿「天祿琳琅」、養心殿「宛委別蔵」、文淵閣「四庫全書」、摛藻堂「四庫全書薈要」、および武英殿の殿本図書が最も名声を博しています。これらに次ぐ重要な所蔵品に清末の楊守敬の「観海堂蔵書」があります。同蔵書は、楊氏が日本駐在期間中に蒐集・購入に努めた中国古書が大半を占め、中国でもめったに見られない珍本が数多く含まれています。このほか、旧北平図書館から受け継いだ宋、元代の善本、小説・版画、地方志・輿図および明代文人の詩文集、さらにこれまで民間から当博物院に寄贈、または寄託された善本古書などがあります。

当博物院が所蔵する清代の档案文献も、清代宮中の収蔵を引き継いだものです。その保管場所に基づいて「宮中档」、「軍機処档」、「内閣部院档」、および「清国史館と民国清史館档案」の四種類に分けられ、中でも「宮中档」の硃批奏摺および「軍機処档」の録副奏摺と附図が多数を占めています。これらの档案文書は高度な機密性を備えていることから、これまで宮中に大切に保管され、外部の目に触れることはほとんどありませんでしたが、清代統治者の意識的な管理と保存により、これらの档案文献は今日にまで伝えられ、その内容が明かされることになりました。

善本古書は、精細なつくり、趣向を凝らした装飾、多様な形式などの特色により多くの鑑賞者を惹きつけ、一方、档案文献は、政府内部の機密文書という神秘的な性質が人々の好奇心をかき立てます。「古書と機密档案-故宮所蔵図書文献珍品展」は、古書の閲読や古書への理解を通じ、中国歴代における図書印刷の歴史的変遷をご紹介するとともに、宮廷の奥深くに保管されていた清朝機密档案の公開展示により、噂や憶測の絶えない清代の政治と宮廷の歴史について、さらに紐解いていきます。