文字サイズ設定:
小 中大
タイトル:機密档案:院蔵清代歴史文書珍品

档案は政府の官吏が行政事務の活動上形成された文書の記録だけではなく、一つの朝代の政策実施と法規制定の過程に於ける重要な参考の根拠となります。档案は参考検査の価値を有しているため、春秋戦国時代から、政府は一連の国家档案保管制度の樹立に向けて着手しました。漢代の史学家司馬遷は《史記》の中で、「西周成王の時、已に官吏に対し、政府の重要档案を金製の書類箱に納めるよう命令していた」と記載しています。ここからも当事档案に対する慎重さを伺うことができます。これより歴代の王朝はこの制度を受け継ぎ一度も変えることはありませんでした。中国伝統が残した重要な歴史の宝庫としてだけではなく、最も早期の且つ最も長く用いられてきた制度の一つと言うことができます。

档案は高度な機密性を有しており、外部の人も容易に触れることはできませんでした。これらの档冊(上奏文とその副本、公文書冊)は、皇室編纂の歴朝実錄・起居注冊・玉牒(系図)・詔書・聖訓、及び国家大政に関わる典籍档案などを包括しており、史書を編纂する際の重要文書になるため、皆慎重に固く保存したのです。

満州族が中原に入った時、档案管理と保存制度は明朝の旧制度を踏襲しました。清朝一代の档案の登記・謄写・納付・引き写し・照合・保存は、全て明の文で規定されました。例えば全国の高度な機密政務を扱う軍機処は長年処理されてきた档案簿冊の数が増え、頻繁に閲覧されたこともあり破損もひどいため、清朝は清字档、漢字档のいずれに関わらず、数年ごとに新たに引き写しを義務づけ過失に備えました。こうしたことからも清朝政府が国家の档案管理と保存に対する慎重な態度が伺えます。

本展覧は「機密档案:清代歴史文書珍品」と題し、本院が所蔵する清代歴朝の勅令公文書、名臣伝記、档案奏摺と附図等の珍しい貴重な史料を精選し、これまで宮中に大切に保管されていた機密档案を公開し、社会民衆に清代文書の発展とその姿をより深く認識して頂くと同時に、貴重な文献の展覧を通して皆様に大清王朝二百余年的政治の神秘性、宮廷生活、君臣関係、朝代の盛衰の過程を具体的に理解して頂くことを期しております。

名臣献上書

本院は歴朝宮中档の硃批奏摺、軍機処档摺件、史館档伝包・伝稿、文集日記等の文献を所蔵しており、清一代の満・漢・蒙各族の名臣の官職履歴や生涯の事跡をはじめ、彼らの論議主張が数多く保存されています。例えば范文程、曹寅、阿桂、福康安、麟慶、曾国藩等の名臣やその家族などで、全て著名人です。清代、専摺の上奏権が緩やかになるにつれ、奏摺制度も長い年月施行された為、豊富な奏摺が残り、多くの名臣の伝記資料は「史館档」に保存されました。これによって現代の人々も名臣・家族・役人の人生の様々な姿を理解できると共に、君臣間の密接な関係をも了解できるのです。この度は清初の臣工が台湾築城情形を上奏した摺件、並びに関連地図を特選し、その開拓経営の視点と成果を顕示しました。

 
宮中資料上奏文(New Window)
     
 

宮中資料上奏文
奏報台湾府城建築木柵情形
巡視台湾監察御史 禅濟布
雍正03年03月16日
21x10.4x12 cm

 


 

官書

「「官書」は皇帝が命を下して諸館を開設し、重要な官吏を派遣して書史の編集や刊行を委ねことを指します。その内、史書を官修はほとんどが內閣の大学士により編纂が進められます。オリジナルの資料を利用し、翰林院の官吏が例に沿って執筆します。例えば、《実錄》を編纂するために設けた実錄館や起居注館は皇帝の日常生活と公務活動を記録する責任を負います。国史を編纂するために開設した国史館は乱討伐の過程を記録するため、特別に方略館を設け、国家制度法典を編纂する会典館、三通館、三礼館等を設置しています。武英殿は皇室専門の出版機関であり、官書を版木に彫る作業の責任を負います。その装幀の美しさには官書の格式と質が顕著に現れており、本院はこれを善本図書として珍蔵しています。

 
伝稿(New Window)
 
伝稿(New Window)
 
 

伝稿
明遺臣列伝 「伝序」
繆荃孫纂
清史館本
30×21 cm

 

伝稿
明遺臣列伝
清史館本
30×21 cm

 
 
地図(New Window)
     
 

地図
台湾略図(漢文)
康熙
123×127 cm

     

上奏文附図

清の大臣の上奏文は、皇帝に述べる事項をより詳細に、よりはっきりと述べるため、通常は上奏文の外に目録や図說、殊に図や文を密に書く方式で説明の強化を図りました。例えば、神樹図、河工図、建築図、城壁・軍事要塞、戦いの形勢図、陵墓図等の画像は極めて重要であり希少価値を有しています。通常オリジナルの上奏文は直接皇帝の下に着き、皇帝の硃批の後、上奏官員に戻され、再度定期的に宮中に納められますが、上奏文に附した図にかんしては、そのほとんどが軍機処に収められ機密資料に列せられます。本院が収蔵する上奏文附図は、清代上奏文の形式の豊かな内容を深く知ることができます。本単元では関連画像を選び、図史の互證を期しています。

 
宮中档満文上奏文(New Window)
     
 

宮中档満文上奏文
奏聞遣員護送台湾番子進京摺
閩浙総督 覚羅満保
康熙56年07月18日

 


 

先住民文献

「職貢に図あり 方物(各地の物産)に錄あり」。これは中国が各国及び域内を往来して他民族理解する二通りの伝統的な手段でした。「図」を用いて風俗民情を記録し、「文字」で山川の産物を記録しており、清代では《皇清職貢図》が代表的なものであるといえます。本院所蔵の《四庫全書》及び《薈要》にも台湾先住民職貢図が何枚も収録されています。この度の展覧では、「諸羅県諸羅等社熟番及番婦」図がお目見えします。この図は主に、今の嘉義地区諸羅山などの社の男女先住民の様子を紹介しています。国立故宮博物院南部分院は初めて嘉義県に建設されましたが、その辺りは昔諸羅と言われており、名称は諸羅山社からきています。図中の人物は美化され真実味に欠けますが、図の傍らにある文字は「男番の頭には雉の尾を付け、樹皮で紡いだ長衣を着ており夏は常に裸である。女性は髷を小珠で結び、布で覆い、首には白螺、珊瑚の飾りをしている。」と説明しており、当事の先住民の服装やアクセサリーなどを知る助けとなります。

 
摛藻堂《四庫全書薈要》本(New Window)
 
 
 

摛藻堂《四庫全書薈要》本
皇清職貢図
清乾隆朝巻三
20.3x14.9 cm