文字サイズ設定:
小 中 大

中国絵画の歴史は、人物・花卉翎毛・山水画といったジャンルが大きな柱となり、それぞれ典型が創造、展開されていきました。

人物画の典型は六朝から唐代(222-907)、すなわち、3世紀から10世紀の間、顧愷之や呉道子らによって作られました。これに対し、山水画は五代(907-960)のころ、地域性を反映する形で確立されました。荊浩や関同の絵は北方の風土から生まれ、董源・巨然らの画は江南の水郷風景が特徴となっています。花卉翎毛の分野においても、四川の黄筌と江南の徐煕により、それぞれ違った風格が形成されました。

宋時代(960-1279)の山水画では范寛・郭煕・李唐がそれぞれ既に確立された模範に沿いつつ、新たな模範を創り出しました。又、芸術を好む皇帝たちの提唱のもとに、宮廷画院は活気を呈しました。当時の画家たちは自然の観察を重んじ、さらに「詩意」を添えて、その作品が持つ含みと境地を強調しました。こうした観察は次第に、建築や船・車などの機械の構造を主体とした絵画の類へと発展し、11世紀以後、飛躍的に発展しました。詩意への強調は、南宋時代、詩書画一体となった冊頁の精品を生み出しました。また、宋代の文人も芸術の表現理念を「形似」以外に範疇を広げ、文人画は新しい風格をなしました。

元代(1279-1368)の趙孟頫や元四大家(黄公望・呉鎮・倪瓚・王蒙)によって代表される文人画は、復古主義が基調となりました。この復古によって生み出された様々な画風は、絵画史上、重要な模範となり、明清以後の展開に大きな影響を与えました。

明代(1368-1644)以後は、異なった地域の画風が確立され、芸術の発展の流れの中で、重要な節目となりました。蘇州の「呉派」が元四大家の画風を基礎として優雅な文人の画風を形成したのに対し、浙江省や福建省出身者を中心とする「浙派」は、多くが宮廷絵画を脱出し、南宋画の典型を粗放な水墨画へと発展させました。明末の董其昌、清初の王時敏・王鑑・王原祁らはその後の発展に大きな影響をもたらした「正統派」を形成し、古典の集大成を筆墨によって自然を再現しました。

清代(1644-1911)の皇帝は「正統派」の画風を重視したのみならず、ヨーロッパの宣教師がもたらした西洋画法にも関心を寄せ、立体表現や透視遠近には新たな展開が見られました。地方の揚州などでは、高度に商業化された市場を背景に「怪」「奇」を標榜する画家たちが活躍しました。自ら「非正統派」と位置付けた彼らの絵画は、後の時代に変革を追求する典型として理解されました。