:::
文字サイズ設定: 小 中 大

周王朝の系譜

西周の青銅器は、重要な出来事を長篇の銘文で記録したものが多く、こうして子孫が長く保存できるようにしました。牆盤の銘文は284文字、逨盤は372文字あり、微氏と単氏の歴代祖先の功績や系譜などが記録されています。銘文には、西周文王から共王、文王から宣王までの流れもそれぞれ明確に叙述されています。これは、『史記』に記されている西周諸王の系譜の正確さを裏付けるもので、この銘文によって2千余年の疑問や謎が解消されました。西周王室は11代─武王、成王、康王、昭王、穆王、共(恭)王、懿王、孝王、夷王、厲王、宣王、幽王─12名の周王がいます。

牆盤(New Window) 逨盤(New Window)