title BenQ-logo
這是一個頁面內的動態形象圖片 主な図像02
 
展示概説
探索と発見
復古の風潮─仿古の趣
展示エリア
ホーム

:::

| 中 文 | English |  
探索と発見

:::

商(殷)周時代の青銅器は、どのように製作されたのでしょうか?長年に渡る考古学上の発見と鋳銅の模擬実験などによって、青銅器製作の工程の輪郭がついに見えてきました。製作過程は大きく二つの工程─「冶煉(製錬)」と「鋳造」に分類されます。

いわゆる「冶煉(製錬)」とは、鉱区から鉱石を掘り出し、極めて純度の高い鋳銅原料である銅、錫、鉛などを製錬することです。

湖北省大冶銅緑山古鉱冶遺跡から出土した古銅錠

湖北省大冶銅緑山古鉱冶遺跡から出土した古銅錠



その後、非常に高い鋳銅技術を持った政治の中心地である大都市に原料を運送し、「鋳造」成形の作業を進めました。

鋳造技術の動画人物画面スタート 鋳造技術の動画人物画面スタート

鋳造技術の動画人物画面スタート


こちらのコーナーでは、湖北省大冶銅緑山古鉱冶遺跡の発掘調査の成果をもとに、秦代以前の「冶煉(製錬)」原料の様子とともに、鋳造工程に関するさまざまな研究をまとめ、「鋳造」の過程を模擬的にお見せします。また、文物そのものには鋳造の痕跡がありますが、それらは隠れて見えません。幸いにも現代科学のX線撮影によって鋳造過程で残された痕跡も明らかになりました。

さまざまな器型のX線写真

さまざまな器型のX線写真

鉱区のあれこれ:

銅草花の下にある宝鉱

銅草花は銅鉱区特有の植物の一種です。銅元素を主な養分としているため、銅草花が生い茂っている場所には、豊富な鉱物資源が埋蔵されています。

銅草花の動画画面

銅草花の動画画面

鉱石の紹介と鑑賞

製錬の際に用いる銅鉱は主に二種類あります。酸化銅と硫化銅です。酸化銅の鉱脈はわりと浅いために美しく鮮やかな色が加わり、比較的容易に製錬できることから、人類の銅鉱製錬の歴史において最も古くから利用された鉱物です。

孔雀石

孔雀石

古い坑道の尽きることのない宝

現代の地質調査員が中国大陸の銅鉱資源を調査したところ、主に長江中下流域、中条山鉱区、川滇地方、甘肅省などの四大鉱区の総産出量が、全国産出量の三分の二以上を占めることがわかりました。これらの地方では調査過程でほぼ例外なく古代の古い坑道が発見されました。

古い鉱区の分布地図動画画面

古い鉱区の分布地図動画画面

古い坑道の先進的な設備

古い坑道ではありますが、設備の安全性は決して今日のものに劣りません。年代的には遥かに遠い昔ですが、選鉱の技術は今でも使われています。

坑道と選鉱槽動画画面 01 坑道と選鉱槽動画画面 02

坑道と選鉱槽動画画面

火の中で生まれた冶金業

鉱石から雑物を取り除いて鋳銅原料にするのが鉱区の最も大切な仕事でした。純銅の融点は1083度、純度の高い原料を抽出するため、鉱区には高温に耐えられる高炉が多数建造されました。

高炉の構造復元図動画画面

高炉の構造復元図動画画面

鋳銅工房:

先進的な青銅鋳造工芸


青銅器の鋳造方法は、まず塊範法が登場し、その後に失蝋法が現れました。これほどまでに高度で素晴らしい鋳造技術は、現代の青銅製作技術でさえ遠く及びません。青銅工芸の鋳造基礎は「範(型)」です。これは青銅器鋳造の過程において非常に重要な工程の一つで、器物の大小や形状を決定することから、模倣の法則や見習うべき手本を意味する「模範」、「典範」、「規範」、「範本(手本)」などの言葉が派生しました。塊範法は技術が進み、前後して渾鋳と分鋳法に発展しました。失蝋法は、観る者を感嘆させる透かしの逸品を生み出しました。

鋳銅技術工程模擬動画画面

鋳銅技術工程模擬動画画面


國立故宮博物院版權所有
Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.