中文 English 日本語
"Flash Animation"
展示品概説
各展示品解説
ホーム
各展示品解説

◎翠玉白菜

翠玉白菜VR(另開視窗)
翠玉白菜
翠玉白菜

※「翠玉白菜」2009年12月31日より302陳列室「天と人の合唱―玉石の彫刻芸術展」に展示されています。

翠玉(翡翠)は輝玉類に属し、雲南省からミャンマーの山岳地帯で産出する。赤い色のものは俗に「翡」と称され、緑色のものを俗に「翠」と称する。この「翠玉白菜」は、もとは永和宮に陳列され、海棠の花型の小さな琺瑯の盆に置かれ、それに紅色の珊瑚の霊芝が合わせて置かれていた。もともとは一塊の灰白色と緑色半々の輝玉であったが、職人は玉本来の色合いを巧みに生かして、葉脈もくっきりとした、瑞々しい白菜に彫刻し、葉の上にキリギリスとイナゴも彫刻した。キリギリスの俗称は「紡織娘」、繁殖力が非常に強く、古代には子孫繁栄の象徴とされ、「詩経・周南」には、「螽斯羽詵詵兮、宜爾子孫振振兮。」とある。

国立故宮博物館著作権所有
Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.