特別展概説

軍馬が荒々しい息を立てる中、殷王の戦車は広大な大地を疾駆し、殷王朝の壮絶且つ輝かしい歴史を切り開いていきました。殷代の人々は貴重な銅と緑松石を用いて戦車と軍馬を飾り、国の式典では王朝の傲慢にも近い高き誇りと自信を象徴しました。貴重な馬車は、魔除けや高い身分の象徴として、宗廟や墳墓に埋葬されました。

地下に埋葬された豪華な馬車は時間の流れと共に朽ち果て、三千年の時を経て、考古発掘により再びその姿を現しました。1936年4月、中央研究院歴史語言研究所若い考古学者-石璋如と高去尋の二人は、河南省安陽市小屯村、即ち三千年前の殷朝が最も栄えた殷の都の所在地で、宮殿区内に埋まっていた殷代の車馬坑を発見しました。この重要な発見と後の学者のたゆまぬ努力により、殷王の馬車はその豪華な姿を再び現すことになりました。

現代の考古学者は、如何にしてこの不完全な殷代の車馬坑から殷代のかつての情景を見出していくのでしょうか。

1936年4月、中央研究院歴史語言研究所若い考古学者-石璋如と高去尋の二人は、河南省安陽市小屯村、即ち三千年前の殷朝が最も栄えた殷の都の所在地で、宮殿区内に埋まっていた殷代の車馬坑を発見しました。