您的瀏覽器並不支援JavaScript,但仍不影響您瀏覽本網頁!
子子孫孫永寶用—清代皇室的文物典藏 Arts from the Ch'ing Imperial Collection 國立故宮博物院 National Palace Museum
:::
サイトマップ中文版English日本語情境圖片
:::
展示品概説
収蔵の楽しさ 遊び心の空間-多宝格
心に刻まれる-文物収蔵の印
四面八方-文物の由来
千年万代-文物の保存と収蔵
天府の粋-帝王の行いと影響
ホーム
子子孫孫永寶用—清代皇室的文物典藏 Arts from the Ch'ing Imperial Collection
収蔵の楽しさ 遊び心の空間-多宝格
:::

人の気持ちの奥底に潜む原始的且つ強烈な欲望に、所有と収蔵があります。問題は、所有の過程を如何に末永く楽しみに溢れるものとするか、収蔵品をスペースにとらわれず如何に保管すべきかという点にあります。清代の「多宝格」の製作は、歴代におけるスペースの活用術、技巧、および明代文人の生活に対する情熱と知恵の集大成です。それは収蔵のテーストと理性にこだわったものであり、収蔵への気持ちに純真な子供心を添えるものでもありました。多宝格は具体且つ小さな遊び心溢れる空間であり、変化に満ちた空間のからくりでもあるのです。

清 乾隆 紫檀雲龍紋多宝格方盒(珍玩47点収納)

清 乾隆 紫檀雲龍紋多宝格方盒(珍玩47点収納)
長30.5cm 幅30.3cm 高16.5cm

拡大図(open new window)

理性の下での収蔵は、系統化された収蔵に基づいています。多宝格は材質または器物により分類される項目の一つであるほか、等級を基準に分類される宝箱でもあります。一級品は「多宝格」に、二級品以下は「百什件」と「万宝箱」に収めるように、収蔵品の水準により収める宝箱も異なりました。また、多宝格は組み合わせの効果も重視し、収蔵品の間に関連性を持たせ、共に配置することで、空間の実用性と利便性を向上させるとともに、組み合わせの意義をより掘り下げ、物質と精神の双方を重んずる観念を生み出しました。実用性と気持ちに配った多宝格の中は宇宙そのものなのです。

多宝格の独特な魅力は、強調された「遊び心」、千変万化の構造、隠されたからくりなど、驚きと面白味に溢れているところにあります。鑑賞者は子供のかくれんぼと同じように、探せば探すほど多くの驚きと喜び出会えるのです。
 
「皇帝のおもちゃ箱」を開ける準備はできましたか?

清 乾隆 戧金描漆龍鳳紋多宝格箱(珍玩44点収納)

清 乾隆 戧金描漆龍鳳紋多宝格箱(珍玩44点収納)長26.6cm 幅19.5cm 高25.6cm

拡大図(open new window)
清 乾隆 竹絲纏枝花卉紋多宝格円盒(珍玩27点収納)

清 乾隆 竹絲纏枝花卉紋多宝格円盒(珍玩27点収納)
径18.5cm 高24.5cm

拡大図(open new window)
清 乾隆 紫檀多宝格方匣(珍玩30点収納)

清 乾隆 紫檀多宝格方匣(珍玩30点収納)
長25cm 幅25cm 高21cm

拡大図(open new window)
情境圖片
國立故宮博物院版權所有 Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.
情境圖片
情境圖片