国立故宮博物館
Flash Animation
中文 English 日本語
  :::
展示品概説
聖旨:詔令文書
奏摺、録副と档冊
官書と史冊
原住民図档文献
ホーム
聖旨:詔令文書(皇帝の詔)

皇帝による天下への布告、官員の封贈、外潘への勅諭、国家の大事の処理を行う際に発布した文書を総じて「詔令文書」といい、民間では俗に「聖旨」という。それらの文書の起草や担当機関、機能はさまざまであったため、名称は非常に多く、例えば、詔書、誥命、敕命、敕諭、金榜、冊、書、符、檄文などがある。展示されている詔書と誥命は極めて重要な詔令文書である。

詔書

清代の制度では、国家的な大事や重要な式典の際、必ず皇帝により「詔書」が発布され天下に伝えられた。例えば、皇帝即位、大婚、親政、崩御、帝位継承、政治改革、立憲、大災害などである。

詔書には一定の書式があり、一行目は「奉天承運,皇帝詔曰」で始まり、末行は「布告天下,咸使聞知」で終わる。中間には天下に知らせる事柄が記してある。(図1図2図3

多爾袞母子撤出廟享詔
拡大図  図1
多爾袞母子撤出廟享詔
順治八年二月二十二日
横185cm 縦78.2cm
故閣000001 文献番号301000001
咸豊皇帝遺詔
拡大図  図2
咸豊皇帝遺詔
咸豊十一年月十七日
横278cm 縦85.5cm
故閣000018 文献番号301000018
「御賞」と「同道堂」という印を押してある諭旨
拡大図  図3
「御賞」と「同道堂」という印を押してある諭旨
咸豊十一年十一月十三日
縦22.3cm 横20cm
故宮134980 文献番号408016033


封贈沈鐸続順公世襲罔替誥
拡大図  図4
封贈沈鐸続順公世襲罔替誥
乾隆十九年~光緒十四年
外装含 横568cm 縦9.8cm
贈献000075 文献番号903000003

 

誥命

「誥」には、「文を以て知らせる」という意味がある。清代の制度では、五品以上の官員の封贈や爵位の継承者には、皇帝より「誥命」が発せられ、封ぜられる者の功績や所以、内容などが記してあった。清代の誥命は、五色か三色の絹糸で織った布に、満州語と漢語の二種類の言語で、色合いに合わせて墨、硃砂、石青などの顔料を用いて書いた。通常、誥命は手巻式で、美しい駢文体(対句で構成した文体)で書かれており、一行目は「奉天承運,皇帝制曰」である。

「世襲罔替誥」は誥命の一種で、外観が特別に長い。これは爵位を継承する子孫の姓名を書く余白を残したためである。(図4



敕諭、表、箋、国書

清朝は天朝が地上を統治していることを自任していたため、中葉以前には国と国との対等な文書は全く無い。上から下への「勅諭」、或いは下から上へ差し上げた「表」(図5図6)と「箋」(図7)があるのみである。表と箋は、臣民が皇帝と后の長寿を祝した文書、朝賀で用いた文書で、皇帝と皇太后に進呈した文書を「表」といい、皇后に進呈した文書を「箋」という。それらの内容のほとんどが功績や人徳を褒め称えた祝詞であった。表と箋は潘と属国も用いた。英仏連合軍と交戦の後、清宮廷は「総理各国事務衙門」の設置を迫られ、平等な関係を示す国書も徐々に見られるようになった。(図8図9
シャム国金葉表
拡大図  図5
シャム国金葉表
乾隆朝
金葉表文 横28.5cm 縦16.3cm
故閣000014 文献番号302000014
シャム国王鄭昭貢単
拡大図  図6
シャム国王鄭昭貢単
乾隆朝四十六年五月二十六日
縦24.5cm 横11.5cm
故機030433 文献番号030660

安南国王悼輓乾隆皇帝の金箋
拡大図  図7
安南国王悼輓乾隆皇帝の金箋
嘉慶四年五月十日
金箋冊 横14.5cm 縦25cm 9頁
故閣000062 文献番号302000012
大清国から英国への国書
拡大図  図8
大清国から英国への国書
光緒三十一年
国書 横269.5cm 縦34.3cm
故閣000059 文献番号302000009
韓国から清宮廷への国書
拡大図  図9
韓国から清宮廷への国書
光武八年、光緒三十年(1904)
国書 横53.3cm 縦41.4cm
故閣000052 文献番号302000002
国立故宮博物館著作権所有
Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.