国立故宮博物館
Flash Animation
中文 English 日本語
  :::
展示品概説
聖旨:詔令文書
奏摺、録副と档冊
官書と史冊
原住民図档文献
ホーム
奏摺、録副と档冊(上奏文とその副本、公文書冊)
奏摺とは、清朝の高級官員が皇帝に事務報告をする際に用いた文書形式の一つで、清康熙年間に起源を持つ。当初は特定の大臣が秘密裏に報告を行う権限を与えるためのもので、皇帝が朱筆を入れた後、上奏者に返却された。雍正帝(1678-1735)は奏摺の使用範囲を拡大し、返納制度を定め、皇帝の朱筆が入った奏摺は全てに宮中に返納、保存され、大臣の私蔵は許されなかった。その後も歴代皇帝がそれに習い、制度が確立された。軍機処設置後は、皇帝が朱筆を入れた奏摺は、必ず先に軍機処に渡され、副本を作って保存した。それらの副本を「奏摺録副」という。(図10図10-1図11図11-1図12
欽差大臣基溥等奏摺録副
拡大図  図10
欽差大臣基溥等奏摺録副
奏報査勘永陵神樹要工告竣並附図説明
同治二年九月二十三日奏
十月初二日奉旨
縦21cm 横80cm
故機092836 文献番号091521
保護神樹形式図
拡大図  図10-1
保護神樹形式図
欽差大臣基溥等奏摺録副中附図
同治二年九月二十三日奏
十月初二日奉旨
縦63.5cm 横65cm
故機092837 文献番号091522

玉明永陵神樹発葉萌芽由
拡大図  図11
玉明永陵神樹発葉萌芽由
奏呈永陵神樹図式
同治三年四月十五日奏
縦23cm 横53cm
故機097304 文献番号095962
永陵神樹図式
拡大図  図11-1
永陵神樹図式
奉天將軍玉明奏摺録副中附図
同治三年四月十五日奏、二十五日奉旨
縦43cm 横45cm
故機097303 文献番号404095961
遵旨敬赴永陵告祭並査験永陵摺
拡大図  図12
遵旨敬赴永陵告祭並査験永陵摺
和碩礼親王世鐸奏
同治三年十月二十三日
縦20cm 横90cm
故機101461 文献番号404100097
国立故宮博物館著作権所有
Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.