お使いのブラウザが、スクリプトをサポートしていないページの操作には影響しません
國立故宮博物院 National Palace Museum(New Window) 主な図像_巨幅の名画
:::  
 
選択項目:展示作品解說

選択項目:展示作品リスト

選択項目:ホーム
:::  サイトマップ   |   English   |   中文版
::: タイトル:展示作品解說
 

清 院本清明上河図

バーチャルガイド

清 院本清明上河図 (New Window)

『清明上河図』はこれまで多数の版本が伝えられており、故宮でも八点を収蔵している。中でも『清 院本清明上河図』(故画1100)が最も有名である。本巻は清代の宮廷画家である陳枚、孫祜、金昆、戴洪、および程志道ら五人によって完成された。この作品はドキュメンタリーとして制作されたほか、絵はがき、ジグソーパズル、書籍、児童書およびDVD、更には原寸大の複製品も作られ、故宮博物院ではデジタル・インタラクティブ式マルチメディアガイドを制作し、オリエンテーションギャラリーで放映している。

本作は絹本、著色画で、縦35.6cm、横1152.8cm。前隔水には梁詩正(1697-1763)による乾隆御題詩「蜀錦裝全璧,呉工聚碎金。謳歌萬井富,城闕九重深。盛事誠觀止,遺踪借探尋。當時誇豫大,此日歎徽欽。乾隆壬戌(1742)春三月御題。臣梁詩臣敬書。」があり、「梁」と「詩正」の二印が押されている。清内府の収蔵印は「乾隆御覽之寶」、「乾隆鑒賞」、「石渠寶笈」、「三希堂精鑒璽」、「宜子孫」、「養心殿鑑蔵宝」の六印。また、乾隆帝による「絵苑璚瑤」の四文字の御題がある。作品後部には「乾隆元年(1736)十二月十五日奉勅,臣陳枚、孫祜、金昆、戴洪、程志道恭畫。」の款識が二行にわたって書かれ、「臣枚」と「臣孫祜」の二つの印がある。

作品は大きく五つのシーンに分けられる。始めはのどかな田舎の風景が広がり、放牧する牧童、岸辺で凧揚げをしている子ども、琴を抱えて橋を渡る文士などが描かれ、ゆったりとした時間が流れている。その先には花嫁を迎えに行く長い行列があり、大勢の人が足を留めて眺めている。廟の前の広場に設けられた芝居の舞台では、三国志演義「貂蝉 美人の計」が上演され、舞台の前にたくさんの観客がつめかけている。二つ目のシーンは虹橋を中心に、道に沿って市へ出掛ける人々、河道を往来する船、虹橋の両側に整然と並んだ商店街などが描かれている。人の波でごった返した市が、このシーンのクライマックスとなっている。三つ目のシーンでは、城門の内外を人々が賑やかに往来している。城門はアーチ型で、上部には精巧な楼閣が建っている。城内の建物は整然と並んでおり、銀行や飯屋、染物屋、飴屋、肉屋、呉服屋など、衣食住と娯楽に関するあらゆる店がそろっている。このほか、状元(進士の首席及第者)の邸宅、大邸宅の庭園なども描かれ、庭園の築山や湖水がとても美しい。大通りには、散策する者、友人を訪ねる者、引っ越しをする者、水撒きをする者、石を運搬する者、けんかをする者、売り買いする者、物乞いをする者、托鉢する者、拳術を披露する者など、さまざまな人物が描写されている。

四つ目のシーンに描かれているのは、「松竹軒」を過ぎて大木橋に向かう両岸の情景である。中でも学堂や風呂屋、そして水汲み、洗濯、漁、アヒルの飼育などに勤しむ河道両岸の庶民の生活が最も目を引く。金明池の前の牌楼にやって来ると、牌楼の下で二人が拳術を披露しており、その周りには人だかりができている。五つ目のシーンは、金明池内部の美しい風景が描かれている。水面にはうっすらと霞がかかり、曲がりくねった小径はひっそりとしており、岸辺には桃の花が咲き乱れている。中庭の内外では宮女が憩いを取ったり、戯れたりしている。壮麗な殿宇、そそり立つ高台、岩山に突き出した雄々しい松の木など、実に見事な描写である。

本巻の建築はいずれも遠近法に基づいて作画されており、建物や通りなども一つ一つ数えられるほど鮮明に描かれ、大小の比率や遠近感も精確にとらえている。中には西洋建築も見られ、全体をとおして精確且つ慎重な用筆で描かれ、色遣いは華やかであり、精巧且つ写実的である。


 

清 沈源 清明上河図

清 沈源 清明上河図 (New Window)

紙本 縦34.8cm 横1185.9cm

沈源の出生地や生涯についてはわかっておらず、仏画を善くし、山水や界画を得意とした。乾隆年間(1736-1795)に内廷に仕え、『活計清档』の記録に基づくと、乾隆元年には既に活動していた。作品の署款の時期は乾隆十年前後に集中しており、唐岱と『豳風図』を共同で完成させている。このため、沈源の活動年代は乾隆朝の早期であったと思われる。

沈源の『清明上河図』の構図と場面の配置は、『清 院本清明上河図』とほぼ同じであり、細部における増減の違いだけが見られる。例えば前段の墓参の場面や中段の金蘭居の位置などは『清 院本清明上河図』とほとんど変わらないが、屋号や建築の構造、画法が異なるほか、状元邸宅の庭園の景観なども若干異なっている。さらに豪邸の庭園や楼閣の構造にも相違があり、西洋建築の特徴も沈源の作品には見られない。また、後段の大木橋の漁網の前には、犬が積んだ食べ物をひっくり返す場面が描かれている。本作は水墨を中心とし、紅褐色で軽く鉤染(輪郭を描いて彩りをする)を加えただけで、爽やかで淡雅な趣がある。用筆は熟練しており、界画による橋梁、家屋、人物の描写はいずれも精緻であり、画院の佳作である。


 

清 唐岱孫祜ら 絵慶豊図

清 唐岱 孫祜ら 絵慶豊図 (New Window)

漢の高祖、劉邦は豊邑(江蘇豊県)の人。即位後は長安に都を置いた。その父親が故郷を偲んだため、長安の街並みを豊邑の情景に造りかえ、豊邑の住民をここに移住させ、太上皇の故郷への思いを満たした。

本作は乾隆時代の宮廷画家唐岱(1673-1752以降)、孫祜(十八世紀後半に活動)、丁観鵬(1736-1795)ら6人の共同作品であり、複雑で緻密な技法により、新たに造られた豊邑の街並みを描いている。雄壮な建物、整然とした街並み、華やかな色遣いなど、典型的な清代院画の画風がうかがえる作品である。


 

明 張宏 棲霞山図

明 張宏 棲霞山図 (New Window)

張宏(1577-約1652)、呉郡(江蘇蘇州)の人。山水画に長け、迅速で短めな筆法と潤いに満ちた墨色による山石や樹木の描写が独特であり、構図にも新しさが見られる。

張宏の作品は実景の山水を意識して描いたものが多く、本作もその一つである。棲霞山は南京の近郊にあり、寺院と千仏洞で名を馳せる。題跋には1634年の作とあり、友人とともに雨の中で目にした情景を描いたものである。雲霧が立ち込め、生い茂った木々の間から小径や寺院、密集する小さな仏龕が見え隠れし、大きな画面上に生気に満ちた世界が描かれている。

 

国立故宮博物院著作權所有 Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.