:::

八千年に及ぶ歴史の流れ

(一)新石器時代  ca. 6200-1600 B.C.E.

時代:

(1)新石器時代
  1. 新石器時代中晚期  ca. 6200-2070 B.C.E.
  2. 夏  2070-1600 B.C.E.

 

主な作品:

山東龍山文化 玉圭(New window)山東龍山文化 玉圭 

 

概説:

玉器と陶器には、文明の始まりにおける人々の信仰や日常生活が最もよく表れています。はるか遠い昔、人々は石を打ち砕いて磨き、生活用具を作りました。また、泥を使って陶器を焼成しました。古代の人々は大自然との闘いの中で、丈夫で朽ちることのない輝く美しい石をしだいに見つけ始め、それを「玉」と称しました。

自然環境の違いや氏族の分布状況などの要素により、紀元前の古玉には地域ごとの特徴がすでにはっきりと表れています。華東の玉器は神秘的な動物の紋飾、華西の玉器は簡潔で質素なものです。

 

紅山文化晩期 勾雲形珮(New window)
紅山文化晩期 勾雲形珮
大汶口文化晩期 白陶鬶(New window)
大汶口文化晩期 白陶鬶
龍山—齊家系 玉璧(New window)
龍山—齊家系 玉璧