::: *サイトマップ
中文 / Traditional Chinese 日本語 / Japanese English Français / French
::: メニュー:ごあいさつ
メニュー:展示コンセプト
メニュー:展示作品紹介
*朱嘉樺
*林泰州
*袁広鳴
*梅丁衍
*陳志誠
*黃心健
* デジタルプロジェクト展示コーナー
 
メニュー:博物館のようす
*平面図
*博物館内の様子
 
メニュー:イベントこぼれ話
*開幕記者会見
 
トップに戻る
:::
ごあいさつ1
 
 

故宮博物院が桃園国際空港に開設した「未来博物館」は、国内の各博物館及び美術館には見られない全く新しい展示スタイルとなっています。これまでの限られた展示範囲を打ち破り、国際的な視野を有する空港での展示を行っています。

文化のグローバル化が進む中、芸術も時間や空間の垣根を超えて、共通のコミュニケーション言語の一つとなっています。また、現代アートは、地球上の同じ時空に存在する文化の特性をより精確に、そして適切に表現することができます。加えて、空港は世界各国から訪れる人々の集散地であり、もともと高い国際性を有するグローバルな空間です。この独特な行政エリアと現代アートを結び付けることによってもたらされる爆発的なエネルギーは、大いに期待できるものでしょう。

国際的に見ても、すでに数多くの美術館が新しいテクノロジーを用いたアートやニューメディアアートを融合させた展示を行っており、関連の芸術祭なども開催されています。しかし、博物館側から積極的にニューメディアアートと結び付いた展示は、故宮博物院が初めてでしょう。本院のデジタル化計画とニューメディアアートが融合することによって、唯一無二の個性的な展示が誕生したのです。

私どもは、この度の展示を通して文化的な交流が深まることを期待しております。台湾を離れる世界各国の皆さまにもう一度中華文物と現代アートが結び付いた芸術の美を堪能していただき、本院デジタル化の成果もご覧いただけます。故宮とは違った場所で違った展示内容をご覧いただくことによって、出国なさる方々が新たに故宮を体験してくださるよう願っております。

故宮とニューメディアアートとの融合による全く新しい展覧会をともに楽しんでいただければ幸いです。

 
     
 
ごあいさつ2
 
 

桃園県にある国際空港に開設された「未来博物館」は、豊富な経験と実績をお持ちの台北教育大学芸術系副教授(助教授)・林志明氏に企画をお願いし、台湾の現代アーティスト六名─朱嘉樺、林泰州、袁広鳴、梅丁衍、陳志誠、黄心健各氏(お名前の画数順)により製作チームが結成されました。国立故宮博物院所蔵の古典的名品が最新の科学技術によって現代的な姿に生まれ変わり、華夏(中華)芸術文化と科学技術が結びつけられ、文物に永遠に変わることのない価値が与えられました。

台北市外双渓に位置する国立故宮博物院は世界屈指の華夏文物を所蔵しております。この度のご旅行で国立故宮博物院をお訪ねくださいましたでしょうか。いずれにしてもこちらで本院企画の未来博物館をご観覧になり、今一度台湾旅行を振り返りながら、人類共有の文化遺産の保護や教育活動に対する私どもの努力を感じていただければ幸いに存じます。ご観覧の皆さまが再度こちらを訪れてくださいますよう、また、私どもとともに偉大な過去の歴史を大切にしつつ、永遠に続く未来へと思いをめぐらしてくださいますよう願っております。
 
     
  TOP  
 
國立故宮博物院著作權所有 Copyright © National Palace Museum. All Rights Reserved.