國立故宮博物院 National Palace Museum (New window)  
タイトル:歴年寄贈器物一覧表
寄贈時間 寄贈者 紹介 数量 寄贈内容 写真
1967.1.25~1970.10.25 梅原末治氏 梅原末治(1893-1983)、日本考古学者。終生致力於中国殷墟より出土した銅器、玉器の研究に尽力し、その成果には目を見張るものがある。 7 石璧、戦国瑠璃残璧、唐青磁双耳缶、漢鏡、戦国瑠璃珠 漢 金銀錯夔鳳紋鉄鏡 (New window)
1967.10.25 蒋鼎文氏 蔣鼎文(1895-1974)、浙江諸暨の人。生涯蒋介石元総統に従い、革命,東征、北伐、匪賊討伐、抗戰,役目の無いことは無かった。軍団指揮官、戰区司令長官等の職を歴任した。 11 殷周銅器 西周 蝉紋鼎 (New window)
1968.10.25 中国国民党台湾省省党部   2 玻璃鐲 玻璃鐲
1969.11.25 張楚氏   2 清漆沙硯、清端石硯 清 端石硯 (New window)
1969.12.11 崔杰南氏 崔杰南、かつて「緬甸(ミャンマー)華僑救国聯合総会」を歴任。 2 龍鳳文銅瓶 龍鳳紋銅瓶(一対)
1969.12.25~2008.3.14 坂本五郎氏 坂本五郎(1923-)、日本の著名なコレクター。東京の骨董店「不言堂」の創設者。博雅で古きを好み、良く鑑賞する。本院が欠如している彩陶と唐三彩等文物を寄贈された熱情に感謝すると共にその行為は、模範に値する。 5

半山式彩陶缶、陶馬

宋漆盤、磁州窯系白釉磁洗
陶馬 (New window)
1970.3.25 小山富士夫氏 小山富士夫(1900-1975)、日本知名の陶瓷研究家及び陶芸家、中国北宋の中国北宋の名窯定窯跡を発見し、名を馳せた。実地系統的な陶瓷考古調查研究、陶瓷著作などに尽力した。著作多し。 1 青白瓷碗 青白瓷碗 (New window)
1970.3.27

国聯影業公司

国聯影業公司(1963-1967)、台湾初の規模を有する民営映画会社。 1 断剣 折れた刀剣一本 (New window)
1970.6.17 羅雲平氏 羅雲平(1915-1984)、安東省鳳城の人。工科教授、台湾の政治家、教育家。中華民国教育部部長、中興大学校長等を歴任。 6

瓦の残片

瓦の残骸
1971.4.25 陳昌蔚氏 陳昌蔚(1907-1997)、中国石油公司総經理を歴任。後に外交部に求められて、タイ国で文化参事長を11年にわたり務めた。帰国後、故宮博物院顧問、歷史博物館研究員等の職に当たった。 1 宋福建青白瓷碗 宋 福建 青白瓷碗 (New window)
1971.8.25 大野万里氏   1

唐三彩文官俑

唐 三彩文官俑 (New window)
1971.9.25 台湾省最高裁判所   2

玉器水盛、瑪瑙筆筒

瑪瑙筆筒 (New window)
1971.10.25

劉慕侠女史

馬鴻逵将軍夫人、馬鴻逵將軍(1892-1970)、甘粛省臨夏県の人、かつて寧夏及び甘粛省主席、集団軍司令、国民党中央委員、国大代表。1928年、馬将軍率いる軍が山東泰安嵩里山に駐屯した際、廃墟の塔の下で、二玉冊を発見し、本院に寄贈した。 2 唐玄宗禅地祗玉冊、宋真宗禅地祇玉冊 唐 玄宗開元十三年 禅地衹玉冊 (New window)
1971.11.25 久志卓真氏 久志卓真。日本の陶瓷器収蔵家、中国の陶瓷器研究と認識に独特の見解を持ち、多くの中国陶瓷の書籍を出版。当代日本の中国陶瓷研究家の重要人物の一人である。 1 唐越窯青磁円盒 唐 越窯青瓷円盒 (New window)
1972.7.25 王林桃女史   5 明清磁器 清 嘉慶粉彩桃花瓶 (New window)
1972.7.25 譚毅公氏生 譚毅公(1884-1977)、四川萬県の人。若い頃は同盟会の同志、民国後は上海に於いて弁護士となり、1949年、政府と共に来台、台灣に定住。 1

翠玉葡萄松鼠筆洗

清 翠玉葡萄松鼠洗 (New window)
1973.6.25 Mr. John Love氏(米)   1 玉印 玉印 (New window)
1973.9.30 陸軍総司令   1254 唐以降の銅銭 北宋 「天禧通宝」銅銭 (New window)
1974.4.30 嘉義地方裁判所   83 唐~清代の銅銭、アメリカと日本の貨幣 清 「乾隆通宝」銅銭 (New window)
1974.11.30

鄭柯漱芳女史

鄭介民先生夫人。鄭介民(1897-1959)。元の名は庭炳、海南文昌の人。中華民国国民革命軍大将。かつて台湾国防部次長、国家安全局局長等を歴任。 12 磁器暖碗 瓷器暖碗 (New window)
1974.11.30 関恵群氏 香港の人。 1 碧玉鐲 碧玉鐲 (New window)
1974.11.30 朱錦雄氏 朱錦雄。台湾宜蘭県政府科員、古銭百余枚を擁し、1974年全てを故宮博物院に寄贈し永久保存。 114 五代以降の銅銭 北宋 「元 豊通宝」銅銭 (New window)
1974.12.30 王丕衍氏   24 清以降の銅銭、日本の貨幣 清 「乾隆通宝」銅銭 (New window)
1975.3.30 Hochstadter 氏 Walter Hochstadter(1914-2007)。二十世紀初葉のドイツの著名な中国芸術品コレクター。 3 磁器暖碗、六朝緑釉缶、唐白釉浅碗 宋 影青碗 (New window)
1975.3.30 郭徳権氏 郭徳権。中華民国第一回立法委員。かつて駐在ロシ中国大使館少将正武官、駐米大使館陸軍正武官、国際連合安全保障理事会中国軍事参謀団少将団員等の職を歴任。 6 清代の衣服、端石硯 端石漁樵耕読硯 (New window)
1975.5.30 張恩錫氏 張恩錫(1906-)、南京市の人。米国ミシガン大学化学工程修士。台湾肥料公司の技師を務め、退職後は米国に定住。 1 清乾隆官窯梅瓶 清 乾隆窯 青花釉裡紅蕃蓮梅瓶 (New window)
1976.7.17 葉公超氏 葉公超(1904-1981)、広東番禹の人。北京大学、北京師範大学教授、外交部長、駐米大使、総統府顧問などを歴任。 1 タイ半姜文化灰陶缶 タイ国 半姜文化 灰陶缶
1976.11.27 Joyce Jones女史 Joyce Jones、米国ヒューストン論壇報(ヒューストンコミュニティ新聞)編集長。、其叔父在八国聯軍時期に清宮廷の遺物門簾を得、後に本院に寄贈。 1 清代宮廷の遺物 門簾(カーテンの一種) 清宮の遺物 門簾
1977.3.1~1983.12.26 葉義氏 葉義(1922-1984)。広東の人。英ロンドンの皇家医師学院医学士。開業のかたわら古美術品を熱愛し、犀の角、竹雕、陶瓷器など数多くの品を収蔵した。 130 宋元明清時代の磁器 漢 緑釉穀倉 (New window)
1977.3.28 赤井清美氏 赤井清美。日本の書道家、篆刻家。日本淡水会会長。 1 白玉雕鳳印石 白玉雕鳳印石 (New window)
1977.8.3 俞小済氏 兪小済、兪大維の三男。俞大維(1887-1993)米国ハーフォード大学数理ロジック博士。かつて外交・経済・国防方面の政府要職を歴任。 1 漢代鉛人 漢代 鉛人 (New window)
1977.8.24 林語堂氏 林語堂。本名は林和楽。福建省龍渓坂仔村の人、著名な言語学家、文学家で、初めて英文書を著し名をあげた中国の作家。かつて国立北京大学教授・香港中文大学研究教授・民国外交部秘書等の職を歴任。 1

唐三彩人馬俑

唐 三彩人馬俑 (New window)
1978.1.13 万氏   1 古鉄刀(時代不明) 時代不明 古鉄刀 (New window)
1978.3.22 曽宝蓀女史・曽約農氏 曾宝蓀女史。曽約農氏の姉。湖南省湘郷の人。清朝名臣、曽文正公(国藩)氏の直系の曾孫に当る。曽宝蓀女史はかつて国大代表。曽約農氏は総統府国策顧問の職を担った。 8 清代の装飾品 清 宝石金扁簪(かんざし) (New window)
1978.3.23 支祖源氏   1 新石器時代 石で作られたスコップ型器物 新石器時代 石製シャベル型器
1978.5.29 毛文奇氏 毛文奇。香港の著名な医者。磁器の研究は20余年に達する。かつて東方陶瓷学会主席、香港敏求精舍代主席を歴任。 2

清雍正豆彩番蓮梵文盃

清 雍正 豆彩番蓮梵文盃 (New window)
1978.7.14 財政部基隆関税局   73 漢代陶器、明代磁器 明人像 (New window)
1978.9.6 陳之邁氏 陳之邁(1908-1978)、広東省番禹の人。清華、北京大学教。元の任に復帰して、駐米大使館参事・公使・駐フィリピン、オーストラリア・日本、バチカン等の大使を歴任。外交界を縦横すること30余年。 7 民国銅印、石印 清 何昆 玉「十目一行」石印一方 (New window)
1978.10.14 胡奇氏   1

空青玉虎(時代不明)

時代不明 空青玉虎 (New window)
1978.10.2~1987.10.28 楊達志氏 楊達志氏。本籍は広東省新会。ニュージーランドに住んでいたが、現在は香港に定住。雅を好み、玉器を収蔵。台湾に戻り、双十節に参加した際、玉器を5回にわたり本院に寄贈した。 82 歴代古玉 明 黄玉猴 (New window)
1978.12.22 林耀政氏   4

原始石(時代不明)

時代不明 原始石
1979.4.9

香港岑琦氏

  2 古い磁碗 明 旧瓷碗 (New window)
1979.5.24 周振明氏   1 褐釉大水缸(水がめ) 褐釉大水缸
1980.2.28 劉恩章氏   7

清光緒粉彩磁盃、茶壷

清 光緒 粉彩龍紋茶壷 (New window)
1980.3.6 無名氏   1 清「嘉慶通宝」銅銭 清 「嘉慶通宝」
1980.5.12 朱銘源氏 朱銘源(1926-?)。上海市の人。滬江大学化学学部卒。後に経済部中国石油公司の職務に当った。 67 清代の入れ物、文具骨董品、蝿耳炉、牙印、玉印、琺瑯、螺鈿の壁掛け装飾品 明 時大彬 白瓷布袋和尚 (New window)
1980.7.23

加藤偉三氏(日)

日本の現代陶芸家。 1 現代倣青花磁茶碗 青花番蓮瓷茶碗(日本現代瓷芸) (New window)
1980.7.23 水野達実氏(日) 日本の現代陶芸家。 1 現代倣鈞釉茶碗 仿鈞釉茶碗(日本現代瓷芸) (New window)
1980.7.23 金子岩典氏(日) 日本の現代陶芸家。 2 現代倣青花磁缽、缶 青花梅蘭竹菊瓷鉢(日本現代瓷芸) (New window)
1981.3.24 財政部高雄関税局 財政部高雄関税局と台湾高雄港税関は、1863年~現在まで、140余年の歴史を有する。 4

下五角星開国記念貨幣、甘肅省製造民国銀貨、日本明治時代龍銀

 
1981.8.4 Dr. and Mrs. Robert Von Erdberg   1 宋耀州窯青釉碗の押し型 宋 耀州窯 青釉碗印模(スタンプ)
1981.9.25 Mr. Jacques Buchholtz Le Chartron   1 紅釉浅磁碗  
1981.11.4

盧朱浣筠女史

盧朱浣筠。貴州省紫江の人。北洋政府内務総長朱啓鈐の令嬢。盧致徳氏夫人。盧氏はかつて栄民総医院の院長。 12 清光緒様式胭脂紅釉磁 清 光緒 胭脂紅釉碗 (New window)
1981.11.25 楊浚明氏 中国民主社会党の党員。制憲国民大会代表。 53 清以降の磁器 清 瓷如意 (New window)
1981.12.8

台湾省警務処

  1 蒙古刀 蒙古刀 (New window)
1982.2.27 譚伯羽、譚季甫氏 譚伯羽。譚季甫昆仲。湖南省茶陵の人。前国民政府主席兼行政院院長譚延闓の子息。伯羽氏は国民政府参事、経済部常務次長、交通部政務次長を歴任。季甫氏は造船公司、機械公司総経理、金属鉱業公司董事長を歴任。 179 民国石印、銅印、牙章、玉章 清末民初 斉白石「慈衛室印」田黄石印 (New window)
1982.3.26

佐藤寬子女史
(佐藤栄作夫人)

佐藤栄作先生夫人。佐藤栄作(1901-1975)日本山口県の人。岸信介元首相の弟。日本内閣の郵政・建設・大蔵各大臣を歴任し、1964年からは3期連続で首相の任を務めた。 1 唐三彩増長天王像 唐 三彩増長天王像 (New window)
1983.5.3 楊文霓女史等合同寄贈   1 民国顔炬栄氏自作の藍色塩釉瓶  
1983.5.16

大風堂遺贈

「大風堂」は張大千的堂号である。張大千(1899-1983)。本名は爰、四川内江の人。中国の著名な画家、詩文書法、鑑賞力は鋭い。絵画は世界にその名を馳せている。功はにあり。 12 奇石、竹管筆、魚化石、木彫観音像、硯、闘筆、墨 斗筆 (New window)
1984.2.23~1984.5.18 吉星福氏 吉星福(1909-1996)。号は梅五。山東省昌邑の人。かつて軍事委員会重慶交通管理処、国大代表の職を歴任。1984年より、夫人張振芳教授と共に古物を三回にわたって寄贈。 141 墨、鼻煙壷、印章、銅鏡、木盒、金属盒、玉器、古貨幣、琺瑯、文具骨董品、服飾、入れ物、家具、供え物を盛る器 清 雕牙獅紐蟈蟈葫蘆缶 (New window)
1984.7.26 于望徳氏 于望德(1910-)。陝西省参原の人。国民党元老、于右任氏の長男。 1 南宋影青印花水草文蓋盒 宋 青白瓷菊弁印花水草紋小盒 (New window)
1984.10.12 陳茂華氏 陳茂華。福建の人、香港の華僑。1984年タオ湾に戻り、国慶説に参加した際、元龍泉双魚蓮瓣盤一枚を寄贈し、愛国精神を発揚した。 1 元龍泉双魚蓮弁盤 元 龍泉双魚蓮弁盤
1984.10.12
1987.2.21
周鋭氏 周銳(1906-)。本籍は広東省の開平。幼少よりアメリカに住む。収蔵品は頗る多い。 11 歴代各種様式の陶磁 西晋 越窯 青瓷双繋水盂 (New window)
1984.11.9 王梅生氏   1 明末青花酒盃 明末 青花酒盃
1985.4.17 許振生氏 許振生(1941-)。本籍は福建省詔安。マレーシアで出生。幼い頃から父より商いを学び、暇な時は骨董品の研鑽を積み、後に専ら骨董品を収集した。 1

南宋~元龍泉窯双魚洗

南宋~元 龍泉窯 双魚洗 (New window)
1985.5.6 張明聡氏   1 西周灰陶甗 西周 灰陶甗 (New window)
1985.5.27 黄君璧氏 黄君璧(1898-1991)。広東省南海の人。黄氏は絵画芸術に長け、広く尊ばれると同時に教育界に於いて尽力すること60年に及ぶ。 1 清白芙蓉石観音大士像 清 白芙蓉石観音大士像 (New window)
1986.5.16 翁克武氏   1 大千先生磁像  
1986.10.13

徐陸寒波女史
(徐柏園夫人)

徐柏園氏夫人。徐柏園氏(1902-1980)。浙江省蘭谿の人。台湾銀行董事長、台湾省財政庁長、財政部長を歴任。台湾の安定した経済発展に大きく貢献した。 1 清端石蕉葉白硯(箱付き) 清 蕉葉白硯 (New window)
1986.12.15 端木愷氏 端木愷(1903-1987)。字は鋳秋。安徽省当塗の人。かつて南京中央軍校軍官教育団政治教官、安徽教育庁科長、省立安徽大学、復旦大学法学院院長、国立中央大学、東呉大学行政法教授を歴任。 4 宋灰青釉水盛、清雍正青花盃、倣乾隆磁器 宋 灰青釉水盛 (New window)
1987.2.6~1993.9.22 羅孫萍踪女史 羅孫萍踪女史(1904-)。号は云祉。北平市の人。年若くして天津書画研究院を卒業。陳少梅、徐燕蓀の2氏に師事。「湖社」の会員となり、張大千の門下に入ると同時に、琴を白達斎女史に学ぶ。また管平湖氏や夏聨居士と信仰を深める。 60

元末明初朱致遠雪夜冰古琴、清磁器、織物、服飾、石章、墨

清 宝石紅方瓶 (New window)
1987.5.6 羅光校長 羅光(1911-2004)、字は焯炤、洗礼名は達義(Stanislaus)。湖南省衡陽の人。伝信大学任にて25年教鞭を執る。來台後は中華民国駐バチカン大使館宗教顧問、台南教区主教、台北総教区総主教、天主教輔仁大学学長を歴任。 6 カトリック教文物 主教胸佩十字架
1987.6.16
1988.2.26
林正豐氏   4 晋越窯青磁辟邪、遼三彩双耳刻花缶、青釉葵弁碗、影青龍文碟 西晋 青瓷辟邪挿座 (New window)
1987.10.21~1992.10.6 桂良氏 桂良(1947-)。江西省貴溪の人。国立中興大学卒業後は本院の展覧組で働き、1980年に辞職。アメリカに赴いた後にイギリスに居留し、骨董品事業を営む。 11 新石器時代彩陶碗、漢代以降の陶磁、戦国四穿戈、清漆盃 金~元 磁州窯 白地画花花鳥文枕 (New window)
1987.12.11~1992.9.30 尤嘉福氏 尤嘉福(1931-)。福建晋江の人。文物を熱愛し、台湾と香港を行き来し、骨董品事業を展開。 4

漢無釉虎子、漢褐釉陶倉、金三彩鉢、春秋末戦国初青銅鎛

唐 三彩缽 (New window)
1987.12.18

孔令侃氏、孔令偉女史
(孔祥熙子息)

孔令侃。令偉兄弟。山西省太谷の人。元行政院院長孔祥熙氏の長男と次女に当る。 1

前漢獣面銜環鍾

前漢 獣面銜環鍾 (New window)
1988.8.24~2000.2.12 呉棠海氏 吳棠海(1949-)。かつて北京大学考古学院客員教授、国立台南芸術学院副教授。 23 漢画象塼、新石器時代以降の玉石器 唐 白石圭璧 (New window)
1989.9.30

陳胡次瑩女史
(陳大慶将軍夫人)

陳大慶将軍夫人。陳大慶(1904-1973)。字は養浩。江西省崇義の人、かつて東征、北伐、匪賊討伐等の戦役に参加。政府が台湾に遷移後、国家安全局局長、台湾警備総司令兼軍管区司令、陸軍総司令、台湾省主席、国防部部長の職を歴任。 2

清粉青堆花花卉缶、清金紅釉獣耳缶

清 金紅釉獣耳缶
1990.10.8

小川立氏

  1 西周陶鬲 西周 黒陶鬲 (New window)
1991.4.9
2006.5.12
張塗生氏   5 金彫像塼、灰陶加彩灶、灰陶緑釉灶 灰陶緑釉灶 (New window)
1991.4.9~1995.9.20 徐展堂氏 徐展堂(1941-2010)。江蘇省宜興の人。香港の実業家。文化芸術を熱愛し、収蔵を好む。自ら投資し、徐氏芸術館を創設。同時に世界の各著名な芸術館にを寄贈。1990~2010年間1990~2010年の間に巨額を投じて、ソフビやジャシッドなどのオークションで珍しい文物5000点余り買い占め、「骨董ボス」の誉れを有した。 7 唐仕女俑、唐三彩馬、龍山文化黒陶単耳盃、前漢陶馬 新石器時代 龍山文化 黒陶単耳盃 (New window)
1991.4.10 郁慕明氏 郁慕明(1940-)。出上海産まれ。抗日戦争後の1948年父親郁元英と共に台湾へ遷った。現任中華民国新党党主席。 1 清玉鐲 清 玉鐲 (New window)
1992.12.22 張淑恵女史   1 清馮徳明氏旧蔵の琵琶 琵琶 (New window)
1993.1.6 王天循氏 王天循(1908-)。四川省重慶の人。国立中央政治学校卒。米国カリフォルニア州バークレー大学へ遊学し、政治学と新聞学を専攻。息子は張大千を義父(乾爸)とし、張大千は王家を親戚と称している。 1 清端石墨海 清 端硯 (New window)
1993.12.6~1995.2.11 張金鍊氏 張金鍊(1924-)。福建省安渓の人。唐栄公司の機械部に勤めたが、退職後は金生関係企業を創設し、カナダ居住。 6

殷爵、卣形器、恐龍の卵の化石、戦国時代断剣、唐銅瓶

商 二里岡期弦紋爵 (New window)
1994.6.18 許作立氏 許作立(1942-)。台湾台中県の人。永大機電公司執行役員。出身学者の家庭出身。古い文物を好み、古陶、彩瓷、書画を買いあさり、古玉器の収蔵に至っては精緻且つ豊富ある。堂号を「藍田山房」と言う。 20 新石器時代、殷周以降の陶磁器 新石器時代晩期 大汶口文化晩期 白陶鬹 (New window)
1995.1.26 李合珠夫人 李合珠夫人(1933-1995)。林麗美徐女史。台湾台中県の人。日本の華僑。企業家。立法委員李合珠氏夫人。李氏逝去後、氏の遺志を継ぎ、東京大飯店と関係企業を経営し、経営は伸び、各界の賛美を受けている。 1 明観音菩薩半跏像 明 青銅鍍観音菩薩坐像 (New window)
1995.2.24

ノルウェー工芸美術館

オスロ応用芸術博物館は1876年創設されたノルウェー最古の博物館の一つである。また欧州で最も早期の応用芸術博物館の一つでもある。 1

清官吏(武官)の甲冑櫜鞬(武器を入れる袋)

清 職官(武官)甲冑櫜鞬
1995.7.17 陳永泰氏 陳永泰(1936-)。台北市の人。震旦行の創始者。財団法人震旦文教基金会董事長、震旦は国内の主要なオフィス家具、事務機器、通訊製品の花倍を担っている。 9 漢畫象塼 漢代 画像塼 (New window)
1996.5.9

黃莉容・黃文如女史

黄杰氏令嬢。黃杰先生(1902-1995)。字は達雲。湖南省長沙の人。対日戦争等の参与し功績をあげた。来台後は陸軍総司令、総統府参軍長、台湾警備総司令、台湾省主席、国防部長、総統府一級大将戦略顧問。 98 明清香炉、宋~元麻江型銅鼓、清石硯、石印、墨 清 端石雲根硯 (New window)
1996.9.10 張徐雯波女史 張徐雯波女士(1927-2010)。張大千夫人、本名は鴻賓、四川省郫県の人。 140 民国張大千の印章 民国 張樾丞 「大風堂」牙印 (New window)
1997.8.12
2000.5.19
秦孝儀氏 秦孝儀(1921-2007)。字は心波。湖南省衡山の人。25年いわたる蔣中正総統の侍従、故宮博物院の職を歴任。詩文書法、見重一時。 298 新石器時代、殷周以降の牙骨竹木彫刻器、倣遼緑釉長頸瓶 清中期 雕象牙張良像 (New window)
1997.8.14~1999.4.6 張偉華氏   41 新石器時代、殷周以降の玉石器、遼磁器、北魏太和二年銘銅弩機 遼 三彩印花牡丹花紋方碟 (New window)
1997.12.17 袁復国氏   2

新石器時代陶鬹

新石器時代 白陶鬹
1998.1.21 呂良盛氏 呂良盛。三陽工業の実業家。著名な雕塑芸術の收蔵家で、石雕、木雕、泥塑、鋳鉄を包括。かつて故宮博物院、台北歴史博物館、高雄市立美術館に出展。收蔵堂の号は「良盛堂」。 3

北斉仏立像、唐迦葉立像、唐阿難立像

北斉 仏立像 (New window)
1998.8.12 林志憲氏 林志憲。資源回收業者。骨董品の売買、收蔵に着手。1998年本院に新石器時代良渚文化の石鉞一点を寄贈。その後2003年、父親林耀振氏の名義で再度石器時代の玉石器435点を本院に寄贈。 1

新石器時代良渚文化石鉞

新石器時代 良渚文化 石鉞 (New window)
1998.11.3

李秉業、李秉圭氏
(李松林子息)

李秉業。李秉圭氏は李松林氏の子息。

李松林(1906-1998)。台湾彰化県の人。木雕世家の子弟。台湾の人間国宝に当る木雕家。
1

民国李松林の木彫

民国 李松林 木雕
1999.6.9 楊英風氏 楊英風(1926-1997)。字は呦呦。台湾宜蘭県の人。当代著名な台湾雕塑家。以現代主義の抽象組合造型。ステンレス材質と中国式的芸術思維で、世にその名を馳せた。 1 民国楊英風のステンレス彫塑 民国 楊英風 ステンレス雕塑品「有鳳来儀」
1999.8.12 張憲平氏 張憲平(1943-)。台湾苗栗県の人。台湾の著名な竹工芸専門家。 1 民国張憲平の編み籠 民国 張憲平 編篭
2000.2.22 朱銘氏 朱銘(1938-)。台湾苗栗県の人。本名は朱川泰。台湾の雕塑家、李金川、楊英風門下で教えを受けた。1977-1997年、アジアや欧米の地で展示会を催した。台湾美術界の代表的芸術家の一人。 1 民国朱銘の木彫 民国 朱銘 木雕 (New window)
2000.5.18 王魯桓氏 王魯桓(1949-)。別名天隠。河北省承徳の人。石雕に長ける。1969年中央美術学院附中卒。かつて北京故宮博物院の職を担った。 8 民国王魯桓氏自作の石彫 石雕
2001.1.18 財団法人云辰文化基金会 王壯為(1909-1998)。本名は沅礼。河北省易県の人。軍、政、銀行、教育等部門職務を歴任。書法篆刻を善くし、台湾当代の重要な書家の一人であり、《海嶠印集》の発起人でもある。2000年冬、王壮為夫人張明隨女史及び子息の王大智博士の熱心な働きかけにより、黃子亮董事長が主宰する「云辰文化基金会」所蔵の王壮為氏の手になる刻印の精品を本院に寄贈。 24 民国王壮為の石印 1979年 王壮為 「願與梅花俱自新」青田石章 (New window)
2001.4.12 曾労藹如女史
(曾紹杰夫人)
曽労藹如女史。曽紹杰夫人。曾紹杰氏 (1911-1988)。本名は少杰。書法篆刻家、かつて中国文化学院美術学部、芸術研究所にて教鞭を執る。また篆刻同好会が「海嶠印集」、「中華民国篆刻学会」を創設。 2 清曾国藩の楚石印章二個 清 「曽国藩」文石章 (New window)
2001.11.20 林蒼氏   1 玉璞  
2001.11.30

王雪華、王秋華女史
(王世杰令嬢)

王世杰先生(1891-1981)。字は雪艇。湖北省崇陽の人。北京大学教授、教育部長、宣伝部長、中央研究院院長を歴任。 8 民国王世杰の印章 民国 陳巨來 「雪艇王世杰氏為芸林守之」文寿山石章 (New window)
2002.3.25 林耀振氏 林志憲。資源回收業者。骨董品の売買、收蔵に着手。1998年本院に新石器時代良渚文化の石鉞一点を寄贈。その後2003年、父親林耀振氏の名義で再度石器時代の玉石器435点を本院に寄贈。

林耀振。林志憲の父。台湾嘉義県新港郷宮后村の人、1998年に逝去。
435 新石器時代玉石器 新石器時代晩期 良渚文化 石鉞 (New window)
2002.6.24 程国忠氏   33 清代磁器、清木彫ブロック、清孟臣様式紫砂壷 清 青花霊芝花碗 (New window)
2002.6.24 陳煌信氏 陳煌信(1955-)。文玩を好む。かつて国立故宮博物院主任秘書の任に当った。 18 20世紀上半期日本のタイル 二十世紀上半葉 日本獅子図磚 (New window)
2002.6.24
2005.4.15
李月桂女史   11 明末清初安平壷、17世紀褐釉陶瓶、五代~北宋越窯碗 明末清初 安平壷 (New window)
2003.11.25 展覧組より移転   21 新石器時代卑南文化玉管等21件 新石器時代 卑南文化 玉耳飾玦 (New window)
2004.1.29 李汝寬一族 李汝寬一家。中国の企業家。李氏一家が所蔵する漆器は世界で極上の民間品である。 2 明紅漆戧金経板 明 紅漆戧金経板 (New window)
2004.4.4

民間玉器工場

楊源泉。中原大学化学工程学部卒。本院古器物の保守作業にあたること40余年。熱心に文物を保守している。 5 花蓮豊田閃玉 花蓮豊田閃玉
2004.6.7
2006.11.21
楊源泉氏 彭楷棟(1912-2006)。本籍は台湾新竹県。日本に滞在した。金銅仏像の收蔵家。2004年、生涯最も大切にしていた銅鎏金仏造像を本院に寄贈。氏の逝去後、遺品の中から、珍蔵の仏像48件、全数を本院に再度寄贈された。 4

12世紀石塔、19世紀末~20世紀初インド・パキスタンの木彫家具

十九世紀末~廿世紀初 パキスタン 雕花木箱
2004.8.20~2008.9.16 彭楷棟氏 李汝寬一家。中国の企業家。李氏一家が所蔵する漆器は世界で極上の民間品である。 407 金銅仏教塑像と金銅塑像、青銅器 漢 銅鎏金獣紋八子鏡 (New window)
2004.12.17 呉林鶯鶯女史 吳林鴬鴬女史は金銅仏像收蔵家、彭楷棟氏の妹。 1

日本弥勒菩薩

日本 弥勒菩薩
2005.2.16 関椿邁氏 関椿邁(1950~)。台中の人。目下鉄路局台中電務段に勤務。卵彫刻芸術創作に従事すること30余年。台湾の著名な卵彫刻芸術家。 4 民国関椿邁の卵彫刻 民国 関椿邁 卵彫刻
2006.5.12
2008.10.8
林宝桂女史   2 長沙窯磁碗、17-18世紀青花磁盤 17~18世紀 青花描金花卉盤 (New window)
2006.5.12 李光良氏 台湾の收蔵家 2

定窯様式の褐釉蓋杯、景徳鎮様式の青白磁

定窯類型 褐釉蓋杯 (New window)
2006.5.12 Mr. Sten Sjostrand   1

花卉款紫砂壷

花卉款紫砂壷 (New window)
2006.5.12

成陽芸術文化基金会

  2 孟臣、湯婆様式の紫砂壷 湯婆款紫砂壷 (New window)
2006.5.12 侍建宇氏 侍建宇。台湾大学政治学科卒。英、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院国際政治修士。国際関係博士。現任は清雲科大欧亜研究センター中心副研究員。 4 ベトナム青花磁、藍釉磁 ベトナム 藍釉瓜小盒 (New window)
2006.11.21

タイバンコク大学東南アジア陶磁器博物館

タイバンコク大学東南アジア陶磁器博物館の創立者はMr. Surat sathanugrah。氏は、出資して博物館のコレクションを購入すると同時に、著名な学者を招聘して館長に当らせており、当博物館はアジアでも重要な陶瓷研究センター、及び交流のプラットフォームとなっている。 6 青磁盤、15世紀タイ釉下鉄盤 十五世紀 タイ国 釉下鉄絵花卉盤 (New window)
2006.11.21 伍坤輝氏 伍坤輝。黄山澄心堂筆墨紙硯製造有限公司の責任者。 6 清以降の墨型 清 胡開沅 紫玉光墨の型
2008.3.14 葉博文夫妻 葉博文。宝石商を営み、収蔵を好む。かつて二二八紀念館館長を務める。 1

17世紀晩期~18世紀ムガール帝国の玉柄短剣 

十七世紀晩期~十八世紀 ムガール帝国玉柄短劍 (New window)
2008.6.5 章圭娜女史 江兆申先生夫人。江兆申先生。(1925-1996)字は椒原、安徽省歙県の人、著名な書画・篆刻家、中国書画研究の学者。かつて故宮博物院副院長兼書画処の処長。 50 民国江兆申の印章 民国 江兆申 「雲影闚窓」寿山石印 (New window)
2008.9.16 林柏亭氏 林柏亭。台湾の著名な名画家林玉山の子。かつて故宮博物院副院長を歴任。現在は中華民国博物館学会理事長。 1

現代倣銅鎏金タイ仏座像

仏坐像
2008.10.8 廖玉桜女史   3

ベトナム青磁、五代~北宋磁器

ベトナム 青瓷印花碗 (New window)
2008.10.8 陳中皇氏 収蔵家 1 イラン青花龍文大盤 イラン 青花龍紋大盤
2010.10.8 高島義彥氏 日本の著名な複製画複製画出版商「二玄社」の創設者。かつて美術部デスク。その眼力はユニークで優れており、「二玄社」をしてハイテク複製画市場における地位を揺るぎないものとした。 1 唐灰陶加彩女俑  唐 灰陶加彩女俑 (New window)