選單圖示選單圖示

国立故宮博物院

寄贈・寄託絵画名品展

  • 展覧期間:2019-10-05~2019-12-25
  • 会場:北部院区 第一展覧エリア 208

故宮博物院の収蔵品は質量ともに世界にその名を馳せていますが、今も尚積極的に収蔵品の拡充に努めております。収蔵品の拡充は購買のための予算編成の他、寄贈や寄託も受けており、各界が保有する文物の中で、本院の収蔵志向に合致するものは全て公開されることを奨励し、社会の皆様と共に楽しみを分かち合うことを期しております。1965年、故宮博物院が台北に建設されて以来、熱心な方々により、多くの芸術品が寄贈または寄託され、近年当院はその専用展覧室を設けました。しかし、書画の保護と展覧スペースに限りがあるため、全作品を永久的に展示することができません。当展覧室では各界による寄贈・寄託書画を順次展示すると共に、その研究及び博物館の推進教育に力を入れ、多くの人々が文化資産を真に享受できることを目指しています。

博物館の豊かな収蔵は、一日にして成し得るものではありません。ここで当院に寄贈・寄託されたコレクターの皆さまに感謝の意を表すると共に、当院を全国民の博物館にすべく、各界の方々の参与を期待しております。

寄贈・寄託絵画名品展寄贈・寄託絵画名品展寄贈・寄託絵画名品展