選單圖示選單圖示

国立故宮博物院

故宮博物院はどこにありますか?住所を教えてください。

故宮博物院は台北市士林区外双渓にあります。住所は、(111001)台北市士林区至善路二段221号です。

故宮博物院のチケットはいくらですか?

故宮博物院のチケットは350元です。団体チケットと優待チケット、無料参観のサービスもございます。チケットの種類や適用範囲など、詳細は「開館時間と観覧料金」をご覧ください。

一般の交通機関を利用して故宮博物院へ行きたいのですが。

1.MRT淡水信義線 →【士林駅】→公共バスに乗り換えます。
【士林駅R16】に到着後、1番出口を出て、前方に向かって徒歩1~2分で中正路の公共バス乗り場に到着。ここで「紅 30」、「815」、「304」、「300」、「255」、「小19」、「小18」、「市民小型バス巴1」などの路線公共バスにお乗りになり、約15分ほどで故宮に到着します。
 
2.MRT文湖線 →【剣南路站】→公共バスに乗り換えます。
【剣南路駅BR15】に到着後、1番出口を出て、徒歩で北安路に向かい右折すると、公共バス停が見えます。こちらで「棕20」、「藍7」路線の公共バスにお乗り下さい。約10分ほどで故宮に到着します。
 
3.MRT文湖線 →【大直駅】→ 公共バスに乗り変えます。
【大直駅BR14】に到着後、3番出口を出て前方に向い、徒歩で北安路まで行くと、公共バス乗り場が見えます。こちらで「棕13」路線の公共バスのお乗り下さい。約10分鐘ほどおで、故宮に到着します。
 
より詳しい情報は「交通案内」をご覧ください。

車での行き方を教えてください。

道路地図と周辺地図は、「交通案内」をご覧ください。

ガイドツアーに参加しない場合、個人で利用できるその他のサービスはありますか?

よりパーソナルなサービスを提供するため、当博物院ではコンパクトなオーディオガイドをご用意しております。参観者の皆様のそれぞれの興味や観覧のペースに合わせ、自由に文物の解説をお聞きいただけます。当博物院のオーディオガイドには、中国語、台湾語、客家語、英語、日本語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、広東語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、及び手話などがあり、レンタル料は一台につき150元です。1階のオーディオガイドカウンターにてレンタルいただけます。より詳しい情報は「ガイドサービス」をご覧ください。

故宮博物院の文物鑑賞以外にも楽しめる、公園などの娯楽施設がありますか?

故宮博物院には、展示場の他に至善園と至徳園という公園が二つあります。すばらしい文物を堪能した後は、リラックスしてのんびりと戸外で過ごしていただけます。至善園の開園時間は毎週火曜~日曜、料金はお一人20元です。至徳園は時間制限もなく無料で参観できます。より詳しい情報は「開館時間と観覧料金」をご覧ください。

故宮博物院周辺には、どのような観光スポットがありますか?

故宮博物院周辺はすばらしい環境に恵まれており、近くには陽明山国立公園、士林官邸、順益原住民博物館、忠烈祠、士林夜市などがあり、いずれも休日を楽しむにはちょうどよい場所です。

故宮博物院の音声ガイドはすべて親子機を使用しているのですか?レンタル料はいくらですか?

参観の質の向上と静かで快適な観覧環境を図るため、当博物院では2007年7月1日より10人以上の団体のお客様には団体ガイドシステムをご利用いただいております。団体入館料お一人様320元のほか、音声ガイド端末のレンタル料の30元がかかります。より詳しい情報は「故宮参観」をご覧ください。

学生団体はどのようにガイドサービスを申請すればよいですか?外国籍の学生はチケットを購入する必要はありますか?

学校団体でガイドサービスをご利用になる場合は、参観日の二週間前までにご予約ください。なお、予約の変更はできませんのでご了承ください。ガイドスタッフが足りない場合は、音声ガイドのご利用となり、引率の先生に操作していただきます。音声ガイドとスタッフによるガイドはいずれも無料です。申請書は当博物院ホームページからダウンロードしてください。
なお、申請者が台湾国籍の学生であれば入館料は無料となりますが、外国籍の学生の場合は学生お一人様150元、教師350元かかります。
入館料のより詳しい内容については「故宮参観」をご参照ください。

一般団体はどのように参観しますか?

10人以上の団体客を対象に団体ガイドシステムを使用していただきます。音声ガイド機は各30元です。第一展覧エリア(本館)地下1階の団体カウンターにて入館チケットを購入した後、団体音声ガイドカウンターで団体ガイドシステムをレンタルしてください。お問い合せ:886-2-2883-3172, 886-2-2883-3277。

身障者のためのサービスはありますか?

当博物院のバリアフリー参観サービスについては、第一展覧エリア(本館)1階手荷物一時預かり所にて車いすを貸し出しているほか、地下1階西側、1階東側と後方に身障者用エレベーターを設置しています。また、東側エレベーターわきにバリアフリーのトレイがあります。身障者の団体参観については886-2-2881-2021(内線2384)までお問い合せください。

乳幼児のための特別サービス施設はありますか?

第一展覧エリア(本館)地下1階両側に授乳室を設置。1階手荷物一時預かり所にてベビーカーを貸し出しています。

お薦めの観覧ルートを教えてください。

当博物院所蔵の文物は、常設展と特別展の形式で展示しております。まず本館1階西側のオリエンテーション・ギャラリー(102)をご覧になった後、各展覧室の故宮の宝物をゆっくり鑑賞されることをお勧めします。より効率的、且つ便利に文物を鑑賞していただくため、以下に展示物別の参観ルートをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

一、書画参観ルート
書画の展示室は2階の西側202、204、206、208、210、212で、それぞれ書法と絵画の常設展を開催しています。展示物は3か月ごとに入れ替えられています。このほか、不定期に書画特別展を開催しております。

二、図書文献参観ルート
図書文献は一階東側と西側の103、104展示室にてそれぞれ展示されており、不定期に図書文献特別展も催しております。

三、器物参観ルート(三つのルート)
A、歴史の長河:
3階305、307の展示室では、「古代青銅器の輝き―院蔵銅器精華展」をご鑑賞頂けます。304の展示室では「天香茄楠─香玩文化 特別展」と306、308の展示室の「敬天格物―院蔵玉器精華展」をご鑑賞ください。このほか2階の201・205・207などの展示室では、「土の百変化―院蔵陶磁コレクション」の風采をご鑑賞ください。
 
B、精華文物:
当博物院は仏像(101展示室)、皇室のコレクション(106展示室)、家具(108展示室)をテーマとした常設展を開催しております。
 
C、特別展:
3階東側の303展示室と二階東側の203展示室では、不定期的に器物の特別展を開催しております。

四、その他
一階東側105、107展示室では、不定期的に書画処・器物処・図書文献処の三処による合同展覧、または近代書画特別展を開催しております。