選單圖示選單圖示

国立故宮博物院

寄贈書画展

  • 展覧期間:2020-04-08~2020-07-05
  • 会場:北部院区 第一展覧エリア 208

国立故宮博物院は民国54年(1965)に外双渓に開設されました。開院以来、積極的にコレクションの拡充に努めており、毎年、予算を計上して新しい作品の購入を進めているほか、美術品受贈に関する規則も定め、本院コレクションの方向性に合致する作品であれば、収蔵家の皆さまに作品をご寄贈いただき、広く一般公開することをお勧めしております。

こちらの陳列室には、近年寄贈いただいた作品の中から精選した作品を展示しています。寄贈文物に関する研究の深化と普及を目指すとともに、多くの皆さまに文化遺産を鑑賞していただくことを目的としています。この度の特別展では、清時代の中、晩期から民国までの画家、石涛(1642-1708)、劉墉(1720-1805)、關聯昌(1809-1870)、唐培華(1830-1900)和呉平(1920-2019)などの作品を中心に展示します。作品をご寄贈くださった皆さまの無私の精神に感謝を申し上げるとともに、全ての人々が共有する博物館となれるよう、今後も各界の皆さまのご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

寄贈書画展寄贈書画展寄贈書画展